忍者ブログ
  ★ 客人
  ★ カレンダー
08 2017/09 10
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
  ★ カテゴリー
  ★ フリーエリア
  ★ 最新コメント
[07/31 三尾]
  ★ 最新記事
  ★ プロフィール
HN:
ミオ
年齢:
32
性別:
男性
誕生日:
1984/09/28
  ★ バーコード
  ★ ブログ内検索
  ★ 最古記事
[142] [141] [140] [139] [138] [137] [136] [135] [134] [133] [132]
★2017/09/21 (Thu)
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

★2007/09/12 (Wed)
今日は姉ちゃんと吉生君とたっくんが春日井まで遊びに来てくれた。
一緒に『トイザらス』行ってきたよ。
オモチャ屋て久々やけどワクワクするね。
吉生君が三輪車で試走コーナー爆走しとったで姉ちゃんと一緒に便乗しちゃったよ。
吉生君試走コーナーの枠はみ出ちゃった。
最近はオモチャもハイテクですごいやね。
んで夜帰っちゃった。
夜は高島屋でバイト。
バイトは買取王国と高島屋でやっとるんやけど、どっちも周りの人に恵まれとるから楽しい。
前居酒屋でやっとったときは大将が恐くていややったもんね。
その居酒屋がオープンしたばっかやったもんで、ある日親睦会てのが開かれたのね。
一番年上やったウラミさんて人のアパートでやったんやけど、バイトメンバー5人だけでやった。
始まったら大将のグチ大会。
僕はいい人ぶって無言で。
そしたらアイドルのりちゃんが話をふってきた。
『三尾君はなんかないの~?
一番怒られてるでしょ』















えっ?
そうなの?
ビックリした僕に他の3人が、
『それは言っちゃだめ!』
みたいな目でのりちゃんに訴えかける。
そしたらのりちゃんが、
『三尾君ほんとえらいよね~。
あんだけ言われてちゃんと返事してニコニコしてるもんね』









もう遅いよのりちゃん。
そうかぁ~僕一番ダメやったんやね。
そして夜も更けてくると泥酔者が数人。
一番若い女の子がかなりヤバかった。
僕の名前を覚えてくれん子。
『三輪さん!』
て呼ぶんやてね。
僕オカマじゃない。
介抱を任された。
のりちゃんは、
『彼氏に怒られるから』
てことで帰ってった。
もう一人の女の子がベロベロに酔ってウラミさんのふとんで寝だした。
そしたらウラミさんが、
『おい!寝るなよ~。
犯しちゃうぞ~』
とか言ってふとんにもぐりこみだした。
ハンパなく気まずい。
僕はふとんのほうを見んように若い子を介抱。
『外に出たい』
て言われたで外につれてった。
もう外明るいよ。
『三輪さんはなんで大将の事なんも言わないんですか?』
て言われた。
ここから僕の偽善者トークの始まり。
『いや~バイトなんてこんなもんなんやよ。
大将はお店のためにがんばっとるんやしあれくらい仕方ないんやない?
それにさ、イヤな人がイヤなままより、仲良くなれた方がずっと楽しいやん』
マンガ『rookies』の川藤先生の名言をパクって恥ずかしいことを言いまくった。
『三輪さんかっこいい』
『もっもらった!』
僕は心の中で叫んだ。
今思えばあのときの自分殴り潰したい。
結局バイトは僕とのりちゃんしか残らんかった。
まだやっとるんかな~?
まあ行かんやろうな。
一社を思い出しながら寝よかな。
おやすみ☆















BGM:RADIOHEAD『street spirit』




PR
この記事にコメントする
name★
title★
color★
mail★
URL★
comment★
password★ Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする★
忍者ブログ★ [PR]

★ ILLUSTRATION BY nyao