忍者ブログ
  ★ 客人
  ★ カレンダー
05 2017/06 07
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
  ★ カテゴリー
  ★ フリーエリア
  ★ 最新コメント
[07/31 三尾]
  ★ 最新記事
  ★ プロフィール
HN:
ミオ
年齢:
32
性別:
男性
誕生日:
1984/09/28
  ★ バーコード
  ★ ブログ内検索
  ★ 最古記事
[229] [228] [227] [226] [225] [224] [223] [222] [221] [220] [219]
★2017/06/26 (Mon)
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

★2007/12/02 (Sun)
今日は東山動物園行ってきた。
めちゃめちゃ久々です。
ハイエナが最高でした。
ハイエナになりたい。
かっこよすぎる。
鳥がいっぱい捕まってました。
ベンジーの歌で、
『2年ほど前。じゃなくて、15カ月ほど前。
僕は、ロンドンのリージェントパークの草原に座っていた。
真夏で、晴天がずっと続いていた。
その場所は少し高台になっていて、
その公園に隣接しているロンドンズーの一角が
見渡せる具合になっていました。
そこにはいろいろな動物達がいましたが、
僕は、動物園が、大人になってからはあまり好きではないので、
ただ漠然と見ていただけでした。
すると、あることに気づいたのです。


その動物園のある片隅で、金網も、鎖も、何もされていないところに、
ある大きなハクトウ鷲がいたのでした。
簡単な柵はあるものの、青空と、その鷲との間には、
妨げるものは何一つないのです。
足にも足かせのようなものはついておらず、
「飛び立とうと思えば、自由にこの青い大空にはばたいてゆけるのに」と思ったのです。
「なぜ彼は逃げないのだろう」と不思議に思い、少しの間、彼を見ていました。
その間、何人かの人々が彼の前で立ち止まり、
少しして立ち去るという光景が続きました。
そしてある時、それまでじっとしていた彼は、
翼を大きく広げました。
なんとその翼は、とても短く、小さかったのです。
彼は、何度もはばたくのですが、
その体は浮くはずがありません。
誰かが、彼の翼を切ったのです。
逃げられないように。


この話は、とても悲しい感じがするでしょう。
でも悲しんでいても、彼の翼は、
もう二度と戻らない』
てのがあって、がんばって思い出そうと思ったけど僕は頭が悪いのでまったく出てきませんでした。
こんな長いベンジーの文を写す僕もバカだと思いました。
夜は外でご飯食べました。
ごちそうさまでした。
お風呂は入りません。
朝入ったから明日の朝まで入らんくて大丈夫。
ゆっくり寝ます。
おやすみ☆













BGM:HIROMI GO『お嫁サンバ』




PR
この記事にコメントする
name★
title★
color★
mail★
URL★
comment★
password★ Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする★
忍者ブログ★ [PR]

★ ILLUSTRATION BY nyao