忍者ブログ
  ★ 客人
  ★ カレンダー
05 2017/06 07
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
  ★ カテゴリー
  ★ フリーエリア
  ★ 最新コメント
[07/31 三尾]
  ★ 最新記事
  ★ プロフィール
HN:
ミオ
年齢:
32
性別:
男性
誕生日:
1984/09/28
  ★ バーコード
  ★ ブログ内検索
  ★ 最古記事
[71] [70] [69] [68] [67] [66] [65] [64] [62] [61] [60]
★2017/06/23 (Fri)
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

★2007/07/05 (Thu)
今日はバイトやったんやけど、前のバイトんときにリング忘れたもんで探してみたんやけどね、なかった。
次のバイト早めに行って探してみよ。
最近自分の物がやたらなくなるんやてね。
いきなりポロッと出てきたりするんやけど。
小学校のとき『アウターゾーン』ていう最終回がイタかったマンガがあったんやけど、そのマンガの中でイタズラする妖精が物を隠すって話があったのね。
んで妖精の姿を見ちゃうと殺されちゃうって話。
その話が当時の僕にはハンパなく怖かった。
それを読んで以来自分の部屋で何か物がなくなれば、
①妖精の姿を見んように下を向いて部屋を飛び出す。
②廊下を壁に激突するくらいの勢いで猛ダッシュ。
③壁に突っ込んだ勢いを利用し階段を駆け降りる。
④母さんがおる居間へ逃げ込む。
『りゅう~勘弁してよ』
て言って母さんは猫と話しとる。
⑤そんな母さんをムリヤリつれて部屋まできてもらう。
⑥なくなった物を一緒に探してもらい見つかったら母さん居間へ戻る。
⑦物をなくす。
①へ戻る。
これを何回繰り返したか…
今でもたまに部屋から居間までは猛ダッシュして移動する。
怖いものは怖いでどうにもできん。
たまに父さんがマジ切れして、
『いい加減にしろ!お前何がそんなに怖いよ?』
て言われた事もあったけど、
『妖精…』
なんて事は言えんかった。
懐かしい思い出です。
その幼少時代の僕を震え上がらせた『アウターゾーン』。
怖いのになぜ読み続けたかと言うと、『ミザリー』てキャラの入浴シーンやらでやたらサービスカットがあったから。
恐怖より欲望が勝っていた幼少期。
当時はミザリーと結婚したかった。
そのままマンガの世界にどっぷり浸からんでほんとによかったと思う。
今はしょこたんと付き合いたい。
へへ、充分きもい。
マシになったと思ったら安心したで寝よかな。
おやすみ☆
















BGM:THE CORONA『接吻チャチャ』




PR
この記事にコメントする
name★
title★
color★
mail★
URL★
comment★
password★ Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
★作者はミザリーと結婚した★
ラストの著者近影は歴史に語り継がれるインパクトあったね。
叶姉妹の姉がミザリーに見える。
差可異 2007/07/05(Thu)23:52:28 ★編集
★あぁ★
酒井に確か見せてもらったの思い出したよ。
るろうに剣心の作者もグッチ裕三がきもくなった感じでおぞましかったよね。
ミザリーのほうがかわいいよ
魅嗚 2007/07/06(Fri)00:19:19 ★編集
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする★
忍者ブログ★ [PR]

★ ILLUSTRATION BY nyao